2011年09月06日

新卒採用のやり方も色々と変えていきたいなぁ。結果を恐れずに、何でも変えていく事が重要

ホワイト・ベアーファミリーで、毎月初旬に行っている定例会議。
今月の定例会議の社長のお話で、以下のような趣旨の内容がありました。


「今までのやり方でいいと思っていては例え今実績が出ていてたとしても、今後は間違いなく停滞する。
 良くも悪くも変えていく事、変わっていく事が大事」



まだ社会人としては若いつもりなので、昔を知っているわけではないですが・・・
携帯電話→スマートフォンの流れ、TwitterやFacebookの広がりを見ていると
確かに今の世の中の変化の速さは昔以上だと感じています。


常に新しい事に取り組んでいかないと間違いなく取り残される時代です。
ただ、「変化が激しい」ということは、逆にいうと
中小企業や個人にも非常にチャンスがあるという事でもあると思います。



という訳で、新卒採用でも新しい取り組みをどんどん進めて行く予定なので
ぜひ「いいね!」をお願いします。
http://www.facebook.com/WBF.recruit


※mixiページはちょっと魅力を感じないので興味はないですが、
Google+のビジネス向けサービス始まったら取り組もうと考えてます。



また、会社としても、実は色々な所でFacebookページに取り組んでいます。
特にルールがないため乱立状態なので、これ以外にあるかもしれません…。


これからは、こういった乱立しているページの取りまとめも含めて
会社全体で有効活用できるように取り組んでいきます。

ホワイト・ベアーファミリー WBF
オーシャンズダイブ
ラッソホテル全般
パラダイスレンタカー
バリ旅行チャンネル
WBF沖縄
温泉ぱらだいす九州


このように、ホワイト・ベアーファミリーは、
良くも悪くもとりあえず新しい事に取り組む風潮がある会社なので、
こういった会社で働きたい学生の方、お待ちしております!






posted by しろくま採用くん at 10:24 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 人事総務の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

給料から引かれる社会保険料、税金はこんなにも…A

給料から引かれる社会保険料、税金はこんなにも…

↑の続きです。


2.健康保険料については、会社が加入している健康保険組合によって
搾取される金額が異なってきますが、
ホワイト・ベアーファミリーの場合では、「旅行業健保」に加入しているので、
月収20万の場合だと、8,500円になります。(厚生年金と同じく、会社も同額負担)

http://www.ryokou-kenpo.or.jp/kenpo/hokenryo/getsugaku201103.pdf


ちなみに、ホワイト・ベアーファミリーの関連会社は、旅行業健保ではなく
協会けんぽ(元・社会保険庁が運営してた政府管掌健康保険、年金機構と同じで名目上だけ民営法人)
に加入しているので、これよりももうちょっと高いです。
金額は本社の都道府県によって多少異なりますが、大阪の場合だと9,560円。
旅行業健保より1,000円も高いようです…。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/62854/20110209-164737.pdf


※40歳以上になると、これにさらにプラスして、介護保険料が発生します。
(旅行業健保で1,260円、協会けんぽ大阪で1,510円)


ちなみに、5年前の政府管掌健康保険のケースだと、8,200円。
ここ5年で9,560-8,200=1,360円の値上がりです。



厚生年金と健康保険で搾取される額を引くと、手元に残るのは、175,442円!(旅行業けんぽの場合)
ここからさらに、雇用保険料と所得税、住民税が搾取されます。



※消費税増税に興味を持つのなら、何の議論もなしに年金事務所や健康保険組合が
 自分たちの身を削ることなく勝手に決めることができる為に
 毎年上がっていく厚生年金保険料や健康保険料に関しても、
 もっと世間が興味を持って欲しいと思います…。


つづく


posted by しろくま採用くん at 23:32 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 人事総務の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

給料から引かれる社会保険料、税金はこんなにも…

ホワイト・ベアーファミリーは給与の支払い日が毎月25日です。
当たり前ですが、その直前は給与支払の準備をしなければなりません。

これが意外に大変なので、給料日が近づくと気が滅入りますわーい(嬉しい顔)


単に額面通りの給料を払うだけなら簡単ですが、
毎月の給料には社会保険料、労働保険料や税金が
かかるので計算が結構大変なのです。

この辺りは、学生から社会人になった際には、ぜひ知っておくべきだと思いますが
こういった仕事をしていないとなかなか意識できないと思うので、
毎月の給料の額面が20万だとした場合のケースで簡単に説明します。



一般的な会社の場合、給料に対してかかってくるのは以下の通りです。

1.厚生年金保険料
2.健康保険料
3.雇用保険料
4.所得税
5.住民税


まず1番の厚生年金保険料ですが、これは日本年金機構(旧社会保険庁)から搾取されます。
※2010年1月に民営化されたと言っても、実質一緒で何も変わってない。

http://www.nenkin.go.jp/main/employer/pdf/ryogaku_22_09/01/01.pdf

金額は額面が20万だと、13等級になるので\16,058です。
※会社も同じ額を負担して納付しないといけないので、合計\32,116搾取されてます。

ちなみに5年前は\13,934でした。(合計で\27,868)
※近年はハイペースで値上がりしております。


5つある搾取項目のうち、1つ目の段階で、既に\183,942になってしまいました…。




つづく




posted by しろくま採用くん at 09:45 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 人事総務の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。